医師が運営する医療脱毛案内サイト

脱毛の窓口

医療脱毛 痛み・麻酔

医療脱毛はこうすれば痛くない!部位ごとの痛みと対処法まとめ

更新日:

脱毛の窓口 医療脱毛 どうしたら痛みが減るの?

れいあ
医療脱毛に興味があるのですが、友達が痛みがひどくてやめたって言っていました。

そんなに痛いんですか?

人それぞれ痛みの感じ方は違うし、脱毛するパーツによって違います。
Dr.つるみ
れいあ
痛みに耐えられるか不安です…
脱毛クリニックでは痛みに対する対策もいろいろ用意しています。

順番にご説明しますね。

Dr.つるみ

自分で定期的に体毛のケアをするのって大変ですよね。

あなたは、

「永久脱毛ができたら、どんなに楽になるか」

と思ったことはありませんか?

永久脱毛となると医療レーザー脱毛がいいのですが、サロン脱毛に比べて痛そうなイメージがあり、

「なかなか勇気が出ない…」

という方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな方に読んでもらいたい

  • 医療脱毛の部位ごとの痛み
  • その痛みの対処法のまとめ
徹底的に解説していきます!
Dr.つるみ

部位ごとの痛みはどのくらいなのか、痛みの強い部位、弱い部位比較

医療レーザー脱毛の痛みは、肌にひりひりと突き刺さるような痛さだと言われたり色々例えられますが、いまいちどのくらい痛いのか分かりづらいですよね。

人それぞれ毛の量や濃さ、痛みの感じ方も違うので非常に個人差があります。

また脱毛機器の種類や、部位によっても痛みの感じ方が大きく変わります!

痛みを感じる部位の共通点は、皮膚が比較的に薄かったり、毛が濃い部位です。

今回はみなさんが気になる、一番痛みを感じやすい部位TOP5をご紹介します!!

痛みが強い部位TOP5

 

VIO

ワキ

ひざ小僧・足の甲・指

うなじ

鼻下

痛みが強い部位の特徴

  1. 毛が太い
  2. 毛が密集している
  3. 毛の色が濃い
  4. 皮膚が薄い
一般的に毛が濃く、密集している部位は痛みが強いです。
Dr.つるみ

No.1 VIO

VIO脱毛

全身脱毛経験者の中で、一番痛かった部位を聞かれるとすぐにあげられるVIO。

一番毛が太く濃い部位のデリケートゾーンはやはり一番痛みを感じやすいです。

その痛みはよく

「輪ゴムでばちっとはじかれたように痛い」

と例えられています。

VIOの中でわたしが一番痛みを感じたのは、特に" I ”の部分。

粘膜があり、とてもデリケートの部位なので鋭い痛みを感じやすく

「思わず声が出てしまった」

「歯を食いしばるような痛さ」

という声も多いです。

デリケートゾーンなので初めて施術する時は特に緊張し、身体がこわばるのも痛みの原因になります。

れいあ
VIO脱毛って痛そうですね…
VIO脱毛は本当に痛いので、我慢せずに積極的に麻酔を使いましょう。
Dr.つるみ

No.2 ワキ

ワキ脱毛

 

脱毛の中で人気の部位が「ワキ」なのですが、デリケートゾーンと同様で毛が密集していて痛みを感じやすい部位です。

かといって決して怖がるほどの我慢できない痛みではないですが、少なからず痛みを感じる方も多いです。

施術時間は短いのですぐに終わります。

ワキは痛みがあったとしても一瞬で終わってしまうので、麻酔を使うほどではありません。
Dr.つるみ

No.3 ひざ小僧・足の甲・指

意外にひざ小僧がひざ上やひざ下よりも、皮下脂肪や筋肉がなく皮膚が薄いため痛みを感じる方が多いです。

足の指や甲はさらに、皮膚が薄いためチクチクとした痛みが走りやすいです。

No.4 うなじ

うなじ脱毛

個人差はありますが、うなじはワキに比べると比較的に痛みは少ないです。

しかし、敏感な場所なので照射されると痛みを感じる方が多いです。

自分ではケアが難しい部位なので、脱毛後は楽になっていいですよ。
Dr.つるみ

No.5 鼻下

 

鼻下脱毛

いつも定期的なケアが必要になる鼻下。

この鼻下は皮膚が薄いのでピリピリと痛さを感じやすいです。

ただ範囲が狭いため照射の時間は短いのですぐに終わります。

痛い部位ばかりではなく”痛みの少ない部位”もあるので紹介していきますね。
Dr.つるみ

痛みが少ない部位

痛みを感じにくい部位の特徴

  1. 肌の色(色素]が薄い
  2. 毛の密度が濃くない、少ない
  3. 毛が細くて柔らかい
一般的に比較的に毛が薄い部位の痛みは強く感じません。
Dr.つるみ

No.1 二の腕

二の腕脱毛

 

毛が薄く量も少ない部位なのであまり痛みを感じにくいです。

No.2 お腹・お尻・胸

お腹脱毛

肌が柔らかいので痛そうなイメージがあるかもしれませんが、そもそも毛の量が少ないので痛いという方は少ないです。

No.3 前腕(腕の肘より先の部分)

半袖や腕まくりをするとすぐに見える部位なので、頻繁にケアをする方も多いのではないでしょうか。

毛量や濃さによりますが、時々ちくっとするくらいでそこまで痛みを訴える方は少ないです。

No.4 背中

背中脱毛

特に夏に気になる背中の毛。

脱毛する範囲は広いですが、あまり痛みを感じない場所です。

自分で処理できない部分なので、脱毛後はすっきりして楽でいいですね。
Dr.つるみ

医療レーザー脱毛の痛み対処方法

医療レーザー脱毛はサロン脱毛より効果が高い代わりに、痛みが強い傾向にあります。

痛いと聞いて不安になったあなた、安心してください!

痛みを和らげる対処方法を紹介します。

Dr.つるみ

脱毛時の痛みに対する7つの対処法

  1. 出力を下げる
  2. 麻酔を使用する
  3. 冷却しながら施術する
  4. たっぷりと保湿する
  5. 気を紛らわせる
  6. 痛みを感じやすい時期は避ける
  7. 痛みの少ない脱毛機を選ぶ

脱毛時の痛みに対する対処法①:出力を下げる

ジェントルレーズPRO

痛みを感じ我慢ができない場合は、出力を下げることもできます。

しかし、出力を下げてしまうと効果も下がってしまい、一回の治療の効果が低下すると、必要な治療回数も増えることがあることは頭に入れておきましょう。

出力を下げる方法は、脱毛効果が下がってしまうのでお勧めできません。

できる限り他の方法を選択しましょう。

Dr.つるみ

脱毛時の痛みに対する対処法②:麻酔を使用する

出力は下げたくない、でも痛くて我慢できない!!

という方は麻酔が確実に痛みを和らげる方法です。

医療脱毛で使用されることの多い麻酔は「麻酔クリーム」と「笑気麻酔」です。

麻酔クリーム

麻酔クリーム

麻酔クリームは照射部位に塗ってから効果が出るまでに30分ほどかかります。

追加費用が無料のクリニックもありますが、ほとんどのクリニックで有料で、1部位1,000から3,000程度のところが多いです。

笑気麻酔

笑気麻酔

笑気麻酔は鼻から吸入し、効果はすぐに現れます。

リラックス効果があります。

1回3,000円程度のことが多いです。

麻酔についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にして見てください。

要チェック
脱毛の窓口 笑気麻酔 麻酔クリーム 医師が解説
【痛いのは嫌】医療脱毛で使われる麻酔=笑気麻酔・麻酔クリームについて徹底的に解説!【医師のコメント付き】

この記事はこんな方におすすめです!
医療レーザー脱毛には興味があるけど痛いのは嫌だ。
痛いのは嫌だけど吸入麻酔はなんだか怖い。
医療脱毛に使われる麻酔のリスクや副作用が聞きたい。

続きを見る

脱毛時の痛みに対する対処法③:冷却しながら施術する

冷却しながら施術する

治療部位を照射前に冷やすことで感覚が鈍り、これにより痛みが軽減されます。

そのため多くの医療機関では、保冷剤や冷たいジェルで治療部位を冷やしながら施術を行います。

また施術後も冷やすことで痛みや腫れを防ぎます。

最近の脱毛機には冷却装置がついていることが多いです。
Dr.つるみ

脱毛時の痛みに対する対処法④:たっぷりと保湿する

保湿する

肌が乾燥すると痛みを感じやすくなるため、しっかりと保湿をしましょう。

また日焼けは、脱毛効果を減少させたり、肌トラブルの原因になるので十分に気をつけましょう。

施術後は特に肌が敏感になるため、しっかりと保湿することが大切です。
Dr.つるみ

こちらも参考にしてください。

要チェック
脱毛の窓口 脱毛後のアフターケア 重要4項目
レーザー脱毛後のアフターケア、押さえておきたい4つのポイント。

結論:レーザー脱毛後は刺激を避け、保湿をし、日焼けには徹底的に気をつける。
脱毛直後に気をつけること 
強い光(日光など)をあてない。高温にさらさない。
できるだけ触らない。こするのは厳禁。保湿をする。

続きを見る

脱毛時の痛みに対する対処法⑤:気を紛らわせる

そんな無茶な…!と思われる方も多いと思いますが、緊張していたり、怖がっていると筋肉が緊張し、痛みを感じやすくなります。

施術中に医師と会話したり、何か頭の中で考えることでリラックスをして気を紛らわしましょう。

笑気麻酔にもリラックス効果があります。
Dr.つるみ

脱毛時の痛みに対する対処法⑥:痛みを感じやすい時期は避ける

生理日の前後はホルモンのバランスが崩れやすく、痛みに敏感になる時期です。

痛みを避けるだけでなく、肌への負担を減らすという意味でもできれば生理日の前後の週は避けましょう。

脱毛時の痛みに対する対処法⑦:痛みの少ない脱毛器を選ぶ

メディオスターNeXT PRO

痛みに弱い方は、最初に照射テストをして、自分にあった痛みが少ない脱毛機器を選ぶことをおすすめします。

脱毛機器は医療機関によって使用している機器が異なりますので確認しましょう。

要チェック
脱毛の窓口 医師が教える レーザー脱毛機の選び方
後悔しないレーザー脱毛機選びの秘訣を、医師がこっそり教えます。

この記事はこんな方におすすめです!
脱毛効果の高い脱毛機で脱毛したいが、どの脱毛機がいいのかわからない方。
痛みの少ない脱毛機で脱毛したい方。
施術時間の短い脱毛機で脱毛したい方。
日焼けをしてしまったが脱毛をしたい方。

続きを見る

痛みの少ない脱毛機は脱毛効果にムラがある場合があるので注意が必要です。
Dr.つるみ
要チェック
脱毛の窓口 本当に効果がないのか徹底調査
【衝撃】メディオスターは本当に効果がなかった!医師が語る現場の声。

脱毛クリニックの現場では本当のところどうなのでしょうか?
脱毛クリニックで働く医師が真実を伝えたいと思います。
この記事の結論
脱毛効果がある人と無い人の差が激しい。どうしても痛いのが嫌だという人以外は他の脱毛機を選択するべき。

続きを見る

まとめ

ココがポイント

  • 医療脱毛はサロン脱毛より、個人差があるが少し痛い
  • しかし痛みに対するたくさんの対処方法があるので安心

痛みに対する7つの対処法

  1. 出力を下げる
  2. 麻酔を使用する
  3. 冷却しながら施術する
  4. たっぷりと保湿する
  5. 気を紛らわせる
  6. 痛みを感じやすい時期は避ける
  7. 痛みの少ない脱毛機を選ぶ
れいあ
永久脱毛を手に入れるためには、多少の痛みは避けられないということですね。
痛みを感じるのに個人差はありますが、痛さを我慢せずに麻酔を積極的に使うことも大切です。
Dr.つるみ
要チェック
脱毛の窓口 痛くないVIO脱毛の3大ポイント
【医師が教える】脱毛クリニックで痛くないVIO脱毛をする3大ポイント徹底解説【医療脱毛】

痛くないVIO脱毛をするためのポイントは
蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機、または最新型の熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機を選ぶこと。
笑気麻酔、麻酔クリーム、麻酔シールを積極的に使用すること。
保湿をすること。

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療脱毛, 痛み・麻酔

Copyright© 脱毛の窓口 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.