医師が運営する医療脱毛案内サイト

脱毛の窓口

医療脱毛 永久脱毛・レーザー脱毛

脱毛機によって効果が全然違う⁈レーザー脱毛の仕組みを徹底解説!

更新日:

脱毛の窓口 レーザー脱毛の仕組みを徹底解説

れいあ
クリニックのホームページを見ていると、いろんな脱毛機の種類が紹介されていますね。

でも、たくさん種類があるし、仕組みが複雑でよくわからないんです。

いったいどの脱毛機が良いのかしら…。

はい、確かにクリニックごとに使用する脱毛機の紹介がホームページに紹介されていますね。

しかし、中には使用するレーザーの種類の紹介だけだったり、脱毛機名が公表されていないクリニックもあるんですよ。

Dr.つるみ
れいあ
そのクリニックの脱毛機について確認したいときはどうしたらいいんですか?
クリニックに直接確認するしかありません。

電話で教えてくれることもあるし、無料カウンセリングに行けば詳しく解説してくれますよ。

クリニックの医療脱毛は施術者の技術も大切ですが、さらに大きな影響を及ぼしているのが使用する脱毛機

脱毛効果は使用する脱毛機によって脱毛効果が決まるといっても過言ではありません。

このため、クリニックでコースを契約するなら自分の希望の施術範囲施術回数だけでなく、どんな脱毛機を使用しているのか把握しておくことが大切です。

Dr.つるみ

クリニックで使用されている脱毛機レーザーの仕組みによって、2種類に分けることができます。

一般的に使用されている脱毛機が熱破壊式と呼ばれるタイプ。

そして最近新たな理論によって注目を集めているのは蓄熱式と呼ばれるタイプです。

この違いを理解できれば、脱毛機から見たクリニック選びができるようになりますよ。

そこで今回は、

  • 多くのクリニックで使用される熱破壊式脱毛機の仕組み
  • 次世代脱毛機として注目を集める蓄熱式脱毛機の仕組み
  • 脱毛したい部位に合わせた効果の高い脱毛機の見極め方

についてご紹介していきます。

結論:両わきやVIO脱毛を希望するなら熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛機がおすすめ!ただし、顔や背中、太ももなど細くて色が薄い毛を脱毛するならアレキサンドライトレーザー以外の脱毛機を選ぶべし

熱破壊式脱毛機のレーザーの一つとして、アレキサンドライトレーザーと呼ばれるレーザーが存在します。

アレキサンドライトレーザーとは最も古くから使用されているレーザーで、ムダ毛に含まれている黒い色(メラニン色素)にどのレーザーよりも強く反応します。

このため、両わきVIO(デリケートゾーン)のような太くて黒い毛に対する反応が高く、熱エネルギーによって高い脱毛効果が期待できるんです。

Dr.つるみ

ただ、アレキサンドライトレーザーメラニン色素の影響を受けやすい分、色が薄い顔の産毛背中などの細い毛への反応はいまいち。

このため、産毛細くて色が薄い毛に対しては十分に熱エネルギーを与えられないので、脱毛効果が下がってしまいます。

このため両わきVIO脱毛を希望するならアレキサンドライトレーザーそれ以外の箇所も脱毛するならアレキサンドライトレーザー以外の脱毛機を検討すると良いでしょう。
Dr.つるみ

熱破壊方式によるクリニックの医療脱毛の仕組み

熱破壊式レーザー脱毛機

クリニックの医療脱毛は、基本的にムダ毛に含まれる黒色(メラニン色素)レーザーを反応させ、熱エネルギーによってムダ毛を作っている毛根破壊する仕組み。

このようなタイプの脱毛方法は「熱破壊式」と呼ばれます。

医療脱毛はこのようにムダ毛の黒い色に反応させるため、両わきVIOといった太くて黒い毛に脱毛効果があらわれやすいことが特徴です。

一方、レーザーの種類によっては細くて色が薄い毛が多い背中太もも顔の産毛などは、メラニン色素が少なくレーザーが反応しにくいため、脱毛効果があらわれにくいタイプも存在します。

医療脱毛ではこのように毛の種類によって脱毛効果が変わるため、脱毛機の見極めが大切なのです。

Dr.つるみ

医療脱毛ではメラニン色素が最も豊富となる成長期の毛を狙って、およそ2ヶ月に一度の間隔でクリニックに通うのが一般的です。

医療脱毛ではこのムダ毛の成長期のサイクル毛周期と呼んでいます。

クリニックではアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーヤグレーザー3種類のレーザーが使用されており、どのレーザーもこの「熱破壊式」で脱毛を促していきます。

各レーザーの物質別吸収率
3種類のレーザーの違いは波長の長さ。波長とはレーザーの長さのことで、波長が”長い”ほどお肌の奥深くまでレーザーを届けることができます。

波長の最も”短い”アレキサンドライトレーザーは755nm。このため、”お肌の表面”にあるムダ毛に効果を発揮します。

”中間の波長”をもつダイオードレーザーは800~810nm。波長が長いので、”アレキサンドライトレーザーよりも深いところ”にあるムダ毛に働きかけることができます。

そして”最も長い波長”をもつレーザーが1,064nmのヤグレーザー”お肌の最も奥”にまで影響を及ぼせるので、根深いところから生えている男性のヒゲ脱毛女性のVIO脱毛に使用されます。

Dr.つるみ

これらのどのレーザーもムダ毛の黒い色(メラニン色素)に反応させる仕組みですが、波長が”短い”ほどメラニン色素への反応が高く波長が”長い”ほどメラニン色素に反応しにくいという違いがあります。

このため、波長の”短い”アレキサンドライトレーザーが最もメラニン色素への反応が高く、”太くて濃い毛”に高い脱毛効果を発揮できるのです。

れいあ
では、ダイオードレーザーヤグレーザーはメラニン色素への反応が低い分、脱毛効果が低くなってしまうんですか?
いいえ、そんなことはありませんよ。ダイオードレーザーヤグレーザーでも出力を上げることで、脱毛効果を高めることが可能です。
Dr.つるみ

最もメラニン色素に反応しにくいヤグレーザーは、その特徴を最大限生かしてお肌の色素沈着が多いVIO脱毛によく使用されています。

ヤグレーザーは波長が”長く”肌の奥深くに働きかけるので、VIOのお肌表面にある色素沈着(メラニン色素)に比較的少ない反応で、お肌の奥にある毛穴に集中して熱エネルギーを加えることが可能なのです。

アレキサンドライトレーザーにはメラニン色素に反応しやすい反面、顔の産毛のような細くて色が薄い毛には反応が低く、十分に熱エネルギーを加えることができないといったデメリットがあります。

また、アレキサンドライトレーザーは”お肌の浅いところ”で反応させる仕組みのため、火傷のリスクから高い出力で照射することができません。

このため、レーザーの産毛への反応が低くても出力を上げることができず、産毛や細くて色が薄い毛への効果があらわれにくいのです。

Dr.つるみ

一方、ダイオードレーザーヤグレーザーは波長が”長い”ので、”アレキサンドライトレーザーより深いところ”でレーザーが反応させることができます。

このため、アレキサンドライトレーザーより高い出力で照射ができ、照射時間も0.1秒単位で細かな微調整が可能です。

このような違いから、ダイオードレーザーやヤグレーザーの方が、太くて黒い毛だけでなく細くて色が薄い毛まで脱毛できるのです。
Dr.つるみ
要チェック
脱毛の窓口 医療用レーザー脱毛機4種を徹底解説
医療用レーザー脱毛機4種を徹底解説!【医師のコメント付き】

脱毛効果は脱毛機によって決まります。
クリニックによって置いてある脱毛機が違うので、脱毛クリニックを選ぶ際にはある程度の脱毛機に対する知識が必要です。
この記事ではレーザー脱毛機の種類と仕組みを、専門家でない方の為にわかりやすく解説しました。

続きを見る

蓄熱式方式によるクリニックの医療脱毛の仕組み

蓄熱式レーザー脱毛機

最近ではこの「熱破壊式」に変わってダイオードレーザーによる「蓄熱式」と呼ばれる脱毛法が「痛くない脱毛」として注目を集めています。

「蓄熱式」とはじわじわと熱を蓄積することによってバルジ領域を破壊する新しい脱毛法のこと。

このバルジ領域は「ムダ毛を作れ」と指令を出しているところで、指令自体を封じることでムダ毛を生えないようにする仕組みです。

Dr.つるみ

熱破壊式の脱毛機と比較するとメラニン色素への影響を受けにくいため、太くて黒い毛だけでなく、産毛や細くて色が薄い毛まで脱毛効果が期待できることがメリット。

さらに蓄熱式で狙うバルジ領域お肌の浅い箇所にあるため、低い出力でじわじわと熱を貯めることができます。

このため毛根付近の温度64℃程度しか上昇せず、施術時の痛みを大幅に軽減できることが特徴です。

従来の熱破壊式の医療脱毛では、ムダ毛の一番奥の毛根を破壊するため、高い出力で照射する必要がありました。

この方法では毛根の温度は250℃にまで上昇するため、蓄熱式と比較するとどうしても痛みを感じやすいことがデメリットと言えます。

熱破壊式では冷却麻酔によって、痛みを軽減する処置がとられてます。

それでも施術の痛みが心配な方痛みに極端に弱い方はこの「蓄熱式脱毛機」も選択肢に入れると良いでしょう。

要チェック
脱毛の窓口 本当に効果がないのか徹底調査
【衝撃】メディオスターは本当に効果がなかった!医師が語る現場の声。

痛みが少なく、施術時間も短くて済む!ともてはやされた脱毛機「メディオスターNeXT PRO」ですが、脱毛の現場では「脱毛効果にムラがある」と言う声が聞かれるようになりました。
本当のところはどうなのでしょうか?
現場の医師が解説します。

続きを見る

脱毛したい部位に合わせた効果の高い脱毛機の見極め方

全身脱毛のような広い範囲を脱毛する場合、両わきVIOなどの太くて黒い毛だけでなく、産毛背中細い毛も脱毛する必要があります。

このため脱毛する範囲が広いほど、ムダ毛の種類に合った脱毛機が導入されているか確認することが大切と言えるのです。

両わきやVIO脱毛など太くて濃い毛の箇所を脱毛するには、「アレキサンドライトレーザーによる脱毛機」が効果的。

しかし、顔の産毛や背中、太ももなど細い毛を脱毛する場合には、「アレキサンドライトレーザー以外の脱毛機」の方がより高い効果を期待できます。

Dr.つるみ
要チェック
脱毛の窓口 医師が教える レーザー脱毛機の選び方
【初心者向け】後悔しないレーザー脱毛機選びの秘訣を、医師がこっそり教えます。

脱毛効果は脱毛機で決まるので、脱毛機選びがとても大切になります。
クリニックを選ぶ前に、自分に最適な脱毛機はどれか?その脱毛機はどのクリニックにあるのか知らなければなりません。
この記事では初心者向けに、脱毛機の選び方をやさしく解説しています。

続きを見る

まとめ

いかがでしたか?今回はクリニックの医療脱毛のレーザーの仕組みと、脱毛したい部位に合わせた効果の高い脱毛機の見極め方についてご紹介しました。

クリニックで契約すると、コース終了までクリニックで導入された脱毛機で施術を受けることになります。

脱毛機によって脱毛効果が異なるため、クリニックを選ぶときは自分の脱毛したい箇所に効果的な脱毛機が導入されているか確認することが大切です。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ自分のぴったりのクリニックを見つけてくださいね!

アレキサンド
ライトレーザー
による脱毛機
(熱破壊式)
ダイオード
レーザー

ヤグレーザー
による
脱毛機
(熱破壊式)
ダイオード
レーザー
による
脱毛機
(蓄熱式)
両わきVIO
ヒザ下など
太くて黒い毛が多い
パーツ脱毛を
希望する方
★★★★★
とても高い
ダイオード
レーザー
★★★★★
とても高い
★★★★☆
高い
ヤグ
レーザー
★★★★☆
高い
背中
太ももの上
など
細くて
色が薄い毛

多い箇所の
パーツ脱毛を
希望する方
★★☆☆☆
やや苦手
★★★☆☆
効果あり
★★★★☆
高い
両わきやVIOなど
太くて黒い毛
多いところ
だけでなく、
顔や背中など
細くて
色が薄い毛まで
全身すべての脱毛を
希望する方
アレキサンド
ライトレーザー
脱毛機以外に
細くて
色が薄い毛

効果的な
脱毛機
と組み合わせた
クリニック選びが
大切
太い毛から
細い毛まで
効果が期待できるため、
ダイオード
レーザー
による
脱毛機だけでも
全身脱毛が可能
太い毛から
細い毛まで
効果が期待できるため、
蓄熱式脱毛機だけでも
全身脱毛が可能
熱破壊式の
ダイオード
レーザー
蓄熱式タイプ
と組み合わせた
方が
細くて
色が薄い毛
への脱毛効果を
高めることが
できる
熱破壊式タイプ
と組み合わせた
方が
太くて黒い毛
への脱毛効果を
高めることが
できる
ヤグレーザー
補助的に使用されるため
アレキサンドライト
レーザー
脱毛機との
組み合わせが多い
脱毛機例 ジェントルレーズ ライトシェア
デュエット
(ダイオード
レーザー)
メディオスター
ネクストプロ
ジェントルレーズ
プロ
ジェントルヤグ
(ヤグレーザー)
ソプラノアイス・
プラチナム
ベクタス
(ダイオード
レーザー)
ジェントルマックスPRO
アレキサンド
ライトレーザー
+
ヤグレーザー
DePiLiGHt
クラリティ・ツイン
アレキサンド
ライトレーザー
+
ヤグレーザー
要チェック
脱毛の窓口 医師が教える レーザー脱毛機の選び方
【初心者向け】後悔しないレーザー脱毛機選びの秘訣を、医師がこっそり教えます。

脱毛効果は脱毛機で決まるので、脱毛機選びがとても大切になります。
クリニックを選ぶ前に、自分に最適な脱毛機はどれか?その脱毛機はどのクリニックにあるのか知らなければなりません。
この記事では初心者向けに、脱毛機の選び方をやさしく解説しています。

続きを見る

要チェック
脱毛の窓口 毛と毛周期 レーザー脱毛の仕組み徹底解説
どうして2、3ヶ月ごとに脱毛するの?毛と毛周期、レーザー脱毛の仕組みについて徹底解説

なぜレーザー脱毛は2、3ヶ月おきに照射しなければならないのでしょうか?
もっと早く脱毛を終わらせたいのになぜ?と考える方は多いと思います。
この記事では初心者向けに、毛と毛周期、レーザー脱毛の仕組みについてやさしく解説しました。

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療脱毛, 永久脱毛・レーザー脱毛

Copyright© 脱毛の窓口 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.